住宅の不同沈下・地盤改良、自然災害による住宅被害の復旧工事等、住宅の基礎地盤の全てのご相談に応じます。WASC(ワスク)は住宅の基礎と地盤の専門会社です。

そこに住む人を守りたい

お知らせ

  • 第12回基礎塾 修了式・記念講演会 開催のお知らせ

    2017/10/2

    今年度で12回目を迎えております基礎塾ですが、
    通常講座も残すところ10月のみとなっております。

    今年度も基礎塾修了にあたりまして、
    下記の通り修了式ならびに記念講演会を開催致します。

    詳細及びお申し込みは、添付のPDFデータをご覧ください。

    皆様のご来場を心よりお待ちしております。

                記

    1.場所
      ①大阪会場 CIVI研修センター新大阪東 E604室
            (大阪市東淀川区東中島1-19-4 新大阪NLCビル6F)
      ②東京会場 TKP新宿カンファレンスセンター カンファレンスルーム4C
            (東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル4F)

    2.日時
      ①大阪会場 2016年11月10日(金)
      ②東京会場 2016年11月17日(金)
      両会場とも 修了式受付   13:00~13:20
            修了式     13:20~13:50
            記念講演会受付 13:50~14:10
            記念講演会①  14:10~14:50
            記念講演会②  15:00~16:30

    3.講演内容
      記念講演会① 「『2016年熊本地震活動の記録』からの概報」
             株式会社WASC基礎地盤研究所  高森 洋
      記念講演会② 「地盤調査の前に見破る『液状化しやすい土地』」
             関東学院大学理工学部 教授 博士(工学)  若松 加寿江

    第12回基礎塾 修了式・記念講演会 開催のご案内・お申込書

  • 基礎塾8月講座に関するお知らせ

    2017/7/28

    基礎塾8月講座に関するお知らせ

    来月の講座のテーマは、
    「柱状改良」と「小口径鋼管杭」です。

    昨年に引き続き(株)トラバースさんに、
    両工法の施工実演をして頂きます。

    また、今月のゲスト講師は、
    (株)トラバース代表取締役・佐藤克彦氏です。

    施工実演でもその一端をご覧頂きますが、
    地盤改良工事では最先端の技術の導入、
    最新機材の自社開発や各種工法の開発等
    業界のパイオニアとしてお話しして頂きます。

    そこで、日頃から住宅地盤に携わる方々にとって
    貴重なお話を聞く事が出来る折角の機会ですので
    佐藤社長の講演のみ公開講座と致します。

    日時 :大阪/8月23日(水) 13:00~14:00
        東京/8月29日(火) 12:00~13:00
    会場 :大阪/茨木市福祉文化会館
        東京/戸田市文化会館
    受講料:無料

    ※「無料」は、佐藤社長の講演のみです。
    ※施工実演及び午後の座学のご参加については、
     通常通り受講料を頂戴致します。
     詳細は弊社HPをご覧ください。
    http://www.wasc-lab.jp/base.html
    ※時間は変更の可能性があります。

    講演の聴講をご希望の方やお問合せは、
    下記のメールアドレスまでお願いします。
    info@wasc-lab.jp

    皆様のご参加をお待ちしております!

    ※写真は昨年の基礎塾東京会場での
    (株)トラバースさんによる施工実演の様子です

  • 「先進建設技術フェア in 熊本」出展のお知らせ

    2017/7/6

    国内で初めて戸建住宅の不陸修復工法として
    建設技術審査証明を取得した「モードセル工法」を
    実大模型等を用いて、分かり易くご説明します。

    会場 グランメッセ熊本(熊本県上益城郡益城町)
    会期 2017年9月20日(水) 10:00~17:00
       2017年9月21日(木) 10:00~16:00

    液状化ハザードマップを頼りにしても、
    地盤調査をしても、地盤補強をしても、
    液状化による住宅の被災程度は予測不可能なのが現実で、
    液状化に対して無被害の工法はありません。

    予測できないものの対策にお金を掛けても無駄になります!
    傾いても高い修復費用が必要になる事という現実!

    液状化被災後に補修費用を抑える対策、
    地震と共存すると言う考え方が現実的な対策です!!

    「液状化に抵抗せず、傾いたら直す=液状化との共生」

    皆さんのご来場を心よりお待ちしております!

  • 「震災対策技術展@大阪」出展のお知らせ

    2017/5/29

    国内で初めて戸建住宅の不陸修復工法として
    建設技術審査証明を取得した「モードセル工法」を
    実大模型等を用いて、分かり易くご説明します。

    会場 コングレコンベンションセンター
       (グランフロント大阪内)
    会期 2017年6月1日(木) 10:00~17:00
       2017年6月2日(金) 10:00~17:00

    液状化ハザードマップを頼りにしても、
    地盤調査をしても、地盤補強をしても、
    液状化による住宅の被災程度は予測不可能です。
    予測できないものの対策にお金を掛けても無駄になります!

    液状化して無被害の工法はありません!
    傾いても高い修復費用が必要になる事という現実!

    液状化被災後に補修費用を抑える対策、
    地震と共存すると言う考え方が現実的な対策です!!

    来場をご希望の方は、
    ご連絡頂ければ招待状をお送り致しますので、
    皆さんのご来場を心よりお待ちしております!

  • 「SAGA建設技術フェア2017」出展のお知らせ

    2017/5/29

    「SAGA建設技術フェア2017」出展のお知らせ

    昨年に引き続きSAGA建設技術フェアに出展します。

    国内で初めて戸建住宅の不陸修復工法として
    建設技術審査証明を取得した「モードセル工法」を
    実大模型等を用いて、分かり易くご説明します。

    会場 マリトピア(佐賀県佐賀市新栄東3-7-8)
    会期 2017年6月14日(水) 10:00~16:00
       2017年6月15日(木) 10:00~16:00

    ご存知ですか??
    液状化ハザードマップを見ても、
    地盤調査をしても、地盤補強をしても、
    住宅の被災程度は予測不可能と言う現実を!!

    予測出来ないものの対策にお金を掛けても無駄では!?

    液状化被災後に補修費用を抑える対策、
    地震と共存すると言う今までにない考え方の
    現実的な対策が「モードセル工法」です!!

    皆さんのご来場を心よりお待ちしております!

    • 2017fair_chirashi2
  • 「モードセル工法」による土台揚げ作業見学会開催のお知らせ

    2017/3/27

    「モードセル工法」による土台揚げ作業見学会開催のお知らせ

    実大試験棟を用いた本工法の沈下修正の様子をご覧頂けます。

    時期 : 2017年3月30日(木) 10:30~12:00
    場所 : 弊社試験場(大阪府茨木市宿久庄)
    内容 : 修復作業の解説
    ➀不同沈下量=240mm、最大傾斜角=50/1000の沈下修正
    ②基礎-土台間のモルタル充填方法

    お問合せは…
    TEL 072-625-3630 MAIL info@wasc-lab.jp

  • 『2017年度 第12回基礎塾』開催のご案内

    2017/3/13

    今年も住宅基礎・地盤の専門講座『基礎塾』を、
    大阪・東京2会場で開催致します。

    4月~10月の月1回全7回の施工実演見学・講座に加え、
    11月には記念講演会を実施致します。

    4月:不同沈下の実態と原因
    5月:不同沈下を防ぐ地盤調査
    6月:敷地自体の沈下変形を防ぐ
    7月:不同沈下対策工法 (1)表土を固める
    8月:不同沈下対策工法 (2)回転貫入鋼管杭
    9月:不同沈下対策工法 (3)柱状改良
                 (4)自然災害と地盤対策
    10月:不同沈下対策工法 (5)液状化地盤対策
    11月:記念講演会[講師:関東学院大学 若松加寿江教授]

    ・熊本地震の液状化被災地で得た実態を解説します
    ・実際の事故事例に基づいて、「不同沈下防止」を解説します
    ・現状のSWS試験の問題点を解説します

    お問合せは㈱WASC基礎地盤研究所まで!
    tel:072-625-3630  mail:nfo@wasc-lab.jp

    ご参加お待ちしております!

  • 『日経ホームビルダー2017年3月号』掲載

    2017/2/20

    『日経ホームビルダー2017年3月号』掲載

    熊本地震での液状化被害調査から確認した、
    長期の不同沈下対策として地盤補強工事を行っていた建物でも
    発生していた被害について掲載して頂きました。

    新築時の地盤補強費用と沈下後の補修費用の合計に
    被災度に応じて支給される生活再建支援金をプラスマイナスし、
    それを「生涯対策費用」と考えると、
    支持層まで鋼管杭を施工し不同沈下しなかった住宅が
    一番負担が大きかった事が確認出来ました。

    液状化する可能性がある地域での備えは、
    「生涯対策費用」の考え方が必要な事が分かりました。

    掲載記事はこちらをご覧ください

  • 「モードセル工法」が建設技術審査証明を取得

    2017/2/6

    「モードセル工法」が建設技術審査証明を取得

    弊社が開発した「モードセル工法」(モードセルアンカーボルトを用いた不同沈下住宅の不陸修復技術)が、一般財団法人ベターリビングの技術審査委員会(委員長 末政直晃、東京都市大学工学部都市工学科教授)の審査を終了し、建設技術審査証明書の交付を受けました。

    不陸修復技術の取得は、国内初です。

    ※「建設技術審査証明事業」とは…
    新しい建設技術の活用促進に寄与することを目的として、民間において自主的に研究・開発された新技術について、依頼者の申請に基づき新技術の技術内容を学識経験者等により技術審査し、その内容を客観的に証明し、普及活動に努める事業です。

    プレスリリースはこちらからご覧ください

  • NHK「ニュースほっと関西」放映

    2017/1/16

    先日告知させて頂きましたNHKでの放映の件ですが、
    WEB版が公開されました。

    過去の教訓は生かされたのか?
    現状の調査・技術の問題点は?
    今後へ向けての課題は?

    放映は関西のみでしたので、
    関西以外の方も、また見逃した方も、
    是非ご覧ください。

Copyright © 株式会社WASC基礎地盤研究所. All Rights Reserved.